放射線技師になる要件|整体師の資格を取って将来に役立てよう|人を支える仕事

整体師の資格を取って将来に役立てよう|人を支える仕事

放射線技師になる要件

ドクター

放射線技師の役割

医療技術は日進月歩で進歩していますが、中でも診断において重要な役割を担っているのが放射線です。骨折をしたときにレントゲンを撮ったり、胃を調べるバリウム検査も放射線が使われます。造影剤を注入して血管や臓器の状況を診るためにも、放射線の一種であるX線が使われています。現代医療において、検査や治療などで放射線は欠かすことができません。一方で、放射線はその危険性が高いため、細心の注意を払って取り扱う必要があります。この放射線を使った医療機器を安全に使うことが、放射線技師の役割です。放射線技師になるには、診療放射線技師国家試験に合格しなければなりません。受験資格は、診療放射線技師を養成する3年制の専門学校や短大、4年制の大学などがあります。診療放射線技師になるには、まずこれらのいずれかの学校を卒業しなければなりません。

試験より難しい学校

放射線技師になるには、診療放射線技師国家試験に合格しなければなりません。この試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣が指定する診療放射線技師養成課程がある教育機関に入学し、所定の課程を経て卒業しなければなりません。国家試験そのものの合格率は大体7割程度ですが、診療放射線技師になるには文部科学大臣の指定する教育機関を卒業することが大変です。学校としては、高い合格率を維持しないと、その後の学校経営に影響が出ます。そこで、所定の課程を修めて、国家試験に合格するに足る知識と能力を身につけた学生しか、卒業、あるいは進級をさせません。これにより、学校の教育の質を保つとともに、国家試験について高い合格率を保つことができます。