実習と試験対策|整体師の資格を取って将来に役立てよう|人を支える仕事

整体師の資格を取って将来に役立てよう|人を支える仕事

実習と試験対策

男女

新卒生と既卒生がいる

国家試験を受けるとき、学校の卒業や修了が受験資格になる場合があります。この場合、卒業の直後などに試験が実施されることがあり、多くの卒業生は受験をします。そして合格すれば晴れてその資格を持って仕事ができます。理学療法士も医学系では人気のある資格です。全国的な合格率は70パーセントほどなので一般の資格からすると簡単に見えます。ただ、専門機関を修了するのが大変なので、簡単に合格できるわけではありません。理学療法士の合格率を見るとき、3種類表示されることがあります。それは新卒生、既卒生、合わせた率です。新卒生は80パーセント近いこともありますが、既卒生になると大きく率が落ちます。いかに新卒での合格が必要かがわかるでしょう。

試験のサポートがあるか

学校ではいろいろなことを学ぶことができます。学校を卒業すると、大学なら学士、専門学校なら専門士などの資格が得られます。ただ、これらで専門的な仕事ができるわけではありません。理学療法士になる場合は国家試験に合格する必要があり、所定の学校を卒業してから受験をします。なりたいのであれば、合格率の高い学校を選ぶのが良いでしょう。理学療法士の合格率が高いとして人気の学校では、試験のサポートがあります。この資格は実習などが充実している所も多いです。実習も必要ですが、国家試験に合格できないと資格を得ての仕事をすることができません。合格率が高いところは、試験のサポートも充実しているので、選ぶときの基準にするとよいでしょう。