整体師の資格を取って将来に役立てよう|人を支える仕事

放射線技師になる要件

ドクター

医療技術が進歩する中、放射線を使った検査や治療が欠かせません。放射線を活用した医療機器を操作するのが放射線技師です。放射線技師になるには、指定学校を卒業して国家試験に合格しなければなりません。指定学校できちんとスキルを身につけて卒業することが大前提です。

More Detail

人気の専門職

ナース

医療系の専門職の中でもメジャーな仕事である看護士は、専門の教育を受けて国家試験に合格することで資格の取得ができます。最近は男性の看護士も増え、高齢化の進む日本でますますの活躍が期待されています。4年生の看護系大学なら、看護士以外に助産師や保健師の受験資格も取得できます。

More Detail

実習と試験対策

男女

医学系の資格として知られている理学療法士の合格率は、70パーセントから80パーセントぐらいです。専門の教育機関を卒業して受験資格が得られますが、各学校で率が異なります。試験のサポートが強いところが人気です。

More Detail

技術と知識が必要になる

婦人

通学をして取得しよう

整体師とは、直接人の身体に触れて行う治療になりますので、知識と高い技術力が求められます。また、それに合わせて資格も必要になりますので、きちんとした勉強が出来る環境を整えなくてはいけません。通信講座も勿論ありますが、DVDで得る事ができる知識は座学のみとなります。実際にどのような整体を行わなくてはいけないのかという実技部分に関しては、通学をしなくてはいけません。ですので、最初からきちんと通学をして、一気に勉強をした方が効率が良いと言えるでしょう。整体師の資格を取得するためには、実習期間というものがあります。早ければ三ヶ月から半年位と言われていますが、中には一年程度通わなくてはいけない所もありますので、自分の生活スタイルも踏まえたうえで、きちんと通学先は見学をしてから決めるようにしましょう。

良いスクールの探し方

整体師の資格を取得するための学校は沢山あります。ですので、その中から自分に合ったスクールを上手に探す必要があります。一番おすすめなのが、実習を多く行っている所です。テキストに書かれている知識も勿論必要ではありますが、実際に実習を行って、身体で学んだ方がより知識と技術力を高める事が出来ます。多い所ですと、週に2回以上実習を行っているスクールもあります。まずは見学をして、実習がどれくらいあるのかというのをチェックしたうえで、決めるようにしましょう。また、整体師の資格を無理なく取得するには、自分のライフスタイルに合っているかどうかというのも重要です。通いにくくて、行くのが面倒になるといった事の無いように、きちんと場所も考えてあげましょう。